一般婦人外来
HOME > 一般婦人外来

女性特有の病気は健康診断ではなかなか発見されず、症状なく進んでしまうものが多いようです。
中でも将来の妊娠に影響するものが多く、性行為があるようであれば定期的な婦人科検診をお薦めします。
こちらのページでは当院の一般婦人科外来についてご紹介します。

日帰り手術

人工妊娠中絶

当院では、母体保護法の指定医師のもとに行ない、患者様の安全、快適にして頂く為に最善の注意をはらっております。
手術は専用の手術室で行なっており、自動血圧計、心電計、経皮酸素モニター、場合により酸素マスクも用意しております。
また手術中は必ず超音波診断装置を使用のうえ、手術を行ないます。
さらに当院では、吸引装置を使用する事によって術中、術後の出血を少なくし、術後のトラブルを最小限に抑えております。
手術後、意識がハッキリする迄手術室にて観察、その後個室に移って頂き、御家族との面会、付き添いもゆっくりとして頂けます。
手術の対象は妊娠11週までとなっております。

子宮頚部異形成 (CIN2、CIN3) に対するレーザー治療

レーザー装置
新しいレーザー装置を導入しました

子宮頸部上皮内病変(CIN)に対し、当院ではCO2レーザー蒸散治療を平成23年以来行って参りました。
周知の事ではありますが、子宮頸部はHPV(ヒトパピロマウィルス)の持続感染により、CIN1→CIN2→CIN3→子宮癌へ変ぼうしていくのです。
13種類あるその内特に、8種類のHPVが大きく関与しております。
一般にはCIN2、CIN3の方を治療対象としておりますが、
CIN2 [ 8種類のHPV(+) ] >CIN1 [ 8種類のHPV(+) ] >
CIN2          >CIN1、          の順で
CIN3 、子宮癌へと進行の度合いが違うといわれておりますので、CIN1まであっても8種類のHPV(+)であれば、レーザー蒸散治療の対象として良いのでないかと考えております。
CIN3に関しては術前診断を更に慎重に行い、その広がりが子宮頚管内にある場合などは子宮膣部円錐切除術が必要な場合もあると考えております。
レーザー治療は外来手術(日帰り)で行い、入院の必要はありません。手術時間は15分~20分です。
一般にレーザー手術での治癒率は、75~85%といわれておりますが、当院では23例中19例で82.5%の治癒率です。
妊娠、出産に関しても円錐切除術に比べても、副作用が少なく安心して治療をお受けいただけます。

バルトリン腺開窓術

あらかじめ抗生剤、鎮痛剤を投与し、局所麻酔下にレーザーを使用して行います。
レーザーを使った場合は、他の方法に比べて再発率が低いのがメリットです。

尖圭コンジローマ切除術

ヒトパピローマウィルス(HPV6型、11型)の感染により発症する良性の腫瘍です。
先の尖ったイボ状のものが外陰部、膣、肛門の周りにできます。
初期は痒みもなく症状もありませんが、進行していくと激しい痒みや腫れがあります。
一般的にはベセルナクリームを使いますが、時間がかかり治りにくく、皮膚がただれる事があります。それに比べレーザー焼灼の場合、局所麻酔なので少し痛みを感じる事がありますが、治療時間も短く傷跡が残りにくいのがメリットです。

子宮頚管ポリープ切除術

排卵期以外に出血する事があります。小さいものは器具を使って切除します。
大きい場合は絹糸で結びレーザーあるいはメスで切除します。
いずれも痛みはほとんど感じなく、99%良性です。

その他

外陰部腫瘍摘出および黒子切除はご相談ください。

ピル

低用量(避妊)ピル

生理開始5日目までに内服開始します。
避妊効果は99%以上あります。
月経血の量が減少し、生理痛、生理前のイライラや生理不順の改善が見られます。
卵巣がんの予防効果があるというデータが沢山出て来ています。
子宮体がんにも予防効果があるといわれています。

アフターピル

緊急避妊の目的でセックスの後で内服するピルで、モーニングピルとも言います。
性交後72時間以内(3日)の内服が有効とされています。

妊娠阻止率 内服方法 金額
ノルレボ
(正規品)
85% 72時間以内に1回1錠内服 ¥15,000
ノルレボ
(ジェネリック)
正規品とほぼ同等 72時間以内に1回1錠内服 ¥10,000
ヤッペ法
57% 72時間以内に2錠、更に12時間後に2錠中用量ピルを内服します。  ¥5,000

生理移動

次回の生理を遅らせる場合

予定生理の5日前からピルを内服開始し、遅らせたい日まで続けます。
内服終了後2~3日以内に生理が開始します。

生理を早める場合

通常生理の5日目から内服開始し、7~10日間ピルを内服します。

避妊リング

ミレーナ(レボノルゲストレル放出システム)を採用しています。
生理開始7日以内に装着します。
避妊効果以外に過多月経の目的で使用されます。
装着後3ヶ月の早期から月経血量は有意に減少します。
ミレーナを除去する事により妊孕性(にんようせい→妊娠のしやすさ)は回復します。

STD(性感染症)

性器ヘルペス

単純ヘルペス(HSV)の感染により発症します。

初感染

性交渉で感染し3~7日の潜伏期をおいて発症します。38℃以上の発熱、外陰部に強い痛みを感じ、最初は水ぶくれができつぶれて潰瘍(皮がむけた状態)が沢山できます。
排尿時の激痛、大腿のリンパ節(ぐりぐり)が腫れて痛くなります。
再発の場合、症状は軽く痛みも強くありません。一般的には水ぶくれや小さい潰瘍ができる程度です。
抗ウィルス剤の内服と軟膏の併用で、3~4週間で治ります。
重症の場合は入院治療が必要です。

クラミジア感染症

セックスによって子宮感染を起こし水っぽいオリモノが増えます。放置すると子宮内膜・卵管炎ひいては腹膜炎を起こす場合があります。近年オーラルセックスによって喉の病気を起こす例も増えています。パートナーとの同時検査、治療が必要です。
治療は抗菌剤のドライシロップを1回内服するだけで、ほとんどの場合治ります。

尖圭コンジローマ

上記の『尖圭コンジローマ切除術』をご覧ください。

淋病

淋菌の感染による病気です。男性は主な感染部位が尿道であり、排尿痛、排膿がある為気づきやすいのですが、女性は子宮頚管に感染した時点では症状が軽いため気づかず、症状が進んで初めて気づく事が多いようです。
感染後2~7日間の潜伏後黄色~黄緑のオリモノがあり、排尿時に痛みを伴ったりする事もあります。パートナーに症状があれば早めに受診される事をお勧めします。
治療は抗生剤1~2週間の内服でたいていは治ります。

おりもの、不正出血

1.痒みを伴う場合

カンジダ膣炎・トリコモナス膣炎

2.においが気になる場合

細菌性膣炎・クラミジア感染症・トリコモナス膣炎

3.外陰部が腫れている場合

バルトリン腺炎
(抗生剤、鎮痛剤の投与後しこりが残り、腫れている場合バルトリン腺開窓術が必要となる場合もある)

4.腹痛、発熱を伴う場合

子宮内膜炎・クラミジア感染症

5.排卵期以外に出血する場合

子宮頚管ポリープ・子宮体がん・子宮頚がん
ホルモンバランスのくずれ

更年期症候群

更年期(45~55歳)に入り主にエストロゲン(卵胞ホルモン)の欠乏により起こるのぼせ・ほてり・発汗・めまい、動悸などの身体の不調を感じる状態をいいます。
このエストロゲン不足が長期間続くと骨粗しょう症や、血液中のコレステロール値が変化して動脈硬化や心筋梗塞のリスクが高くなります。

治療

血中ホルモンを測定した上、症状を評価し治療法を決めます。

  1. 漢方薬
  2. HRT(ホルモン補充療法)
  3. 抗不安薬
  4. プラセンタ注射
  5. メディカルサプリメント(Dr.アグリマックス・・・大豆イソフラボン)

身体の不調はありませんか?もしかしたら更年期障害かもしれません。
現在のあなたの身体の状態を把握する為、下記ボタンからリンクするチェックシートであなたに当てはまる点数を記入しましょう。

HRT(ホルモン補充療法)

HRTは不足したエストロゲンを補う事で、更年期症状などを改善する非常に有効な治療法です。また骨粗しょう症の予防にもなると言われております。
HRTにはいくつかの方法がありますが、子宮体がんを予防するために黄体ホルモンと一緒に使用します。
HRTに使用される薬は内服薬(飲み薬)と外用薬(はり薬、ぬり薬)があります。
はり薬は皮膚から直接血液中に吸収されます。
卵巣から分泌されるホルモンの経路、つまり自然の状態に近いため、血栓症などの副作用も少ないと言われております。

乳がん

5年未満のHRTでは乳がんになるリスクを変化させないと言われております。
しかし年1回以上の定期検診をお勧めします。

子宮体がん

黄体ホルモン剤と併用していれば、発生率が高くなる事はありません。

月経痛

月経前症候群(PMS)

月経の3~10日程前から腹痛、乳房が張る、腰痛、頭痛、イライラする、怒りっぽい、憂うつなどの症状が現れ、月経が始まると4日以内に症状が軽くなるのが特徴です。

大切な事はセルフケア

  1. 栄養バランスの良い食事
  2. 適度な運動
  3. 自分に合ったリラックス法(アロマオイルや半身浴が有効です)

治療

  1. 低用量ピル
  2. 漢方薬
  3. 痛み止め
  4. むくみがひどい場合には、利尿剤を使ったりもします。

子宮内膜症

子宮内膜がさまざまなところに侵入発生することで、月経痛などの原因になります。
子宮内膜という組織が子宮の内側以外の卵巣や子宮の周辺部にできて増殖する病気で、若い女性に増えてきています。
月経痛が激しく月経以外の時でもお腹や腰に激しい痛みが現れます。
月経痛がだんだんひどくなってきた場合はなるべく早く診察を受けましょう。

子宮腺筋症

子宮内膜症が子宮の筋層に侵入発生するもので、子宮内膜症とは別の病気として扱われています。主な症状は月経痛で過多月経になる事もあります。

※いずれもホルモン療法、手術療法がありますが、軽度の場合は鎮痛剤の対症療法を行います

子宮筋腫

良性の腫瘍ですが月経量の増加や月経痛の原因になる事があります。
子宮にできる良性の腫瘍で、30~50代の女性の4~5人に1人は持っているといわれます。
悪性に変わる事はありませんが貧血、下腹痛や腰痛がひどかったら早めに受診しましょう。
大きさや症状、年齢など考慮して、手術や薬物療法などの積極的治療法をお勧めする場合や、定期的に検査を受け様子を見ていく場合があります。

子宮がん検診、子宮頸がんワクチン

子宮頸がん検診

子宮の入り口付近(頸部)にできるがんで、最近20~30歳代の若い女性に増えてきています。性交渉でHPV(ヒトパピローマウィルス)の感染が関係している事が分かっています。HPVは90%以上自然消失しますが長期間感染持続するとがんに進行する可能性があります。検診でがんになる前に発見できるので定期的な検診が必要です。
細胞診とHPV検査があります。細胞診の方法は当院ではサーベックスブラシを使用したシンレイヤー法で行っております。
この方法は従来の綿棒・グラス塗沫法に見比べて以上の発見率が高く初期段階での発見や治療(レーザー蒸散)を行う事ができます。

新しい細胞診検査法~Liquid-Based Cytology法(LBC法、液状処理細胞診法)

LBC法は、子宮頸がんの検査のために、やわらかい専用ブラシでとった細胞をむだなく集めてスライドに均一に塗る方法です。

従来の細胞診

従来の細胞診は、ブラシや特殊なヘラ等を用いて細胞をぬぐい取り、それをスライドガラスに直接塗る方法が主流でした。
この方法のデメリットは、医師によって細胞の「採り方」や「採る量」がばらつきがあったり、スライドガラスに細胞を塗る際にかなりの細胞が均一に塗りつけられずにそのまま捨てられてしまうリスクがあることでした。
また、綿棒を使用する場合は、それ自体の吸水性が高いため、「疑わしい」細胞が綿棒で採取できても綿棒の側に残ってしまい、観察されないままになることもあります。

LBC法(液状処理細胞診法)のメリット

LBC(Liquid Based Cytology)法では細胞の採取に専用ブラシを用います。
専用ブラシを用いることで不適正標本を減少させ、結果的に女性の負担を軽減することができます。
専用のブラシで採取した細胞を、採取に用いたブラシの先端とともに細胞保存液が入った専用容器に中にまるごと保存することで採取することができた細胞すべてが入った容器が検査に提出され、専門家によって顕微鏡による診断が行われます。
上記のことから、LBC法では不適正標本(※)が出にくく、再検査がほとんどなくなります。結果的に女性の体への負担や精神的不安を軽減することにつながるためたけい産婦人科ではLBC法を用いた子宮がん検診を推奨、実施しています。

子宮体がん

子宮の内膜にできるがんで主に閉経前後の女性に多い病気ですが30~40才代の女性にも見られます。不正出血があった場合はなるべく早く受診して下さい。

頸がんワクチン

HPVは100種類以上の型がある中で15種類程度ががんを引き起こす可能性がある「高リスク型」とよばれ、この内(16型)(18型)が子宮頸がんの原因の65%を占めています。
頚がんワクチン「ガーダシル」は「16型」「18型」および尖圭コンジローマの発症に関係する「6型」と「11型」の計4種類の方に対して感染予防効果をもつものです。
十分な効果を得る為計3回接種する必要があります。

公費助成の対象は中1~高1生までです。当院での対象となる地域は
富田林市、大阪狭山市、河南町、太子町、千早赤阪村、河内長野市
  です。

痩身・ダイエット外来

漢方薬(防風痛聖散・防已黄耆湯)

脂肪吸収抑制剤(ゼニカル内服剤)

脂肪代謝効果が非常に高い(Lカルニチン)---点滴注射

Lカルニチンは非常に高い脂肪代謝効果のある物質です。
Lカルニチンは食物からも摂取ができますが、その生成は20代をピークに加齢とともに減少していき、年齢とともに太りやすい体質になる原因はLカルニチンの減少だと考えられています。点滴療法により十分なLカルニチンを摂取することで、ダイエット、メタボリックシンドローム対策に最適な治療です。週1回~2週間に1回で3~6カ月間続ける事をお勧めします。点滴時間は1回20分~30分です

栄養管理サプリメント(All in One)---液体マルチビタミン・ミネラル

飲むサプリメントでマルチビタミンとミネラルを補給に有効です
1日1回15cc飲みたい時に飲む(同じ成分ならカプセル20錠に相当する)
吸収率が非常に優れている。(最大98%)
120種類の内容成分を含んでいます。

サプリメント

当院では美肌・アンチエイジング作用や、ダイエット時の食欲・脂肪吸引を抑制するサプリメントをご提供しております。詳しくはサプリメントページをご覧ください。