高濃度ビタミンC点滴療法
HOME > 高濃度ビタミンC点滴療法

健康や美容でなじみが深く、誰もが知っている「ビタミンC」。特に美容では、「シミやくすみを防ぎ、肌を美しくする」といわれてきました。
近年では、さらにいろいろな働きがわかり、そのビタミンCの活用方法が大きく変化してきました。現在、ビタミンCを摂取することで得られる効果の一部をご紹介します。

  • コラーゲンの生成を助ける
  • 老化・病気から身体を守る
  • しみ、そばかす、しわを防ぐ
  • 免疫力を高める
  • 発がん抑制・がん治療
  • 皮脂分泌抑制、抗炎症作用
  • 動脈硬化を予防する
  • 抗ストレスホルモンの生成に関わる
  • アルコールの分解に関与
  • 肝臓の解毒作用に関与

当院ではその中でも近年、大きく注目されている高濃度ビタミンCを利用した「がん治療」を導入しております。

高濃度ビタミンC点滴療法は身体に優しい副作用のないがん治療として、近年日本でも市民権を獲得しつつある治療法です。この治療法は、がんの初期、再発予防から手術・放射線・化学療法が無効の進行がん患者さんまで幅広く受けていただくことができます。
2005年に米国・国立衛生研究所(NIH)の科学者が衝撃的発表をしました。
「高濃度ビタミンC(アスコルビン酸)点滴は、がん細胞に選択的に毒性として働く」という内容です。
ビタミンCを点滴で大量に投与すると細胞周囲に大量の過酸化水素を発生します。正常な細胞は過酸化水素を中和できますが、がん細胞はこれを中和できず死んでしまうというのです。つまり、高濃度ビタミンCはがん細胞にとって《抗がん剤》であるわけです。
この作用は、ウィルス感染症にたいしても役立つと発表しています。

グラフ

ビタミンCは通常の抗がん剤とは異なり副作用がないのが特長です。
ビタミンC点滴は進行したがんにおいても生活の質(痛み、倦怠感、食欲不振、化学療法や放射線の副作用)を改善します。又化学療法や放射線療法と併用することもできます。

グラフは、ビタミンC濃度が高いとがん細胞が死んでしまう事を表示しています。

高濃度ビタミンC点滴療法の実際

  • 少ない量のビタミンCから点滴を開始し,除除に増量して50~75gの治療濃度まで増量します。
    点滴時間は1時間半~2時間です。
  • ビタミンCの投与量はビタミンCの血中濃度を測定し決めます。
  • 点滴の回数は通常週1~2回症状により回数を増やす事もあります。
  • 治療は6カ月~1年継続し、経過が良ければ回数を減らします。
  • 免疫療法や温熱療法など他の治療法との併用も可能です。

これまでの報告や研究から前立腺がん、膀胱がん、腎臓がん、乳がん、卵巣がん、子宮頚がん、子宮体がん、悪性リンパ種、胃がん、肺がん、肝臓がん、大腸がん、その他多くのがんに効果があると言われております。

治療対象となる方

高濃度ビタミンC点滴療法によるがん治療の対象となる方は以下の通りです。
対象の方、治療希望の方は、ぜひ一度当院にてご受診ください。

  1. 標準治療が無効である。
  2. 標準治療の効果をより確実にする。
  3. 良好な体調を維持しながら寛解期を延長させる。
  4. 化学療法・放射線治療の副作用を軽減する。
  5. QOLの改善。
  6. 標準治療を拒否し、代替療法による治療を希望する。

がん治療に必須のサプリメント

  • ビタミンC(Lypo-C 2~4g)
  • αリポ酸 600mg
  • ビタミンD3 5000IU
  • マルチミネラル・ビタミン

副作用について

これまで15年間に3万件以上行われている高濃度ビタミンC点滴療法の中で、副作用によって死亡に至った例はありません。実際には殆ど副作用のない安全な治療だと言えます。
しかし、下記の症状がある方は治療を受けられない、もしくは治療に関して注意が必要ですので、事前に医師にお申し出ください。

  • G6PD欠損症という赤血球膜の遺伝性酵素異常がある方(事前に必ずG6PDの検査を行います)
  • 透析中の腎不全の方
  • 心不全、大量の腹水、強い浮腫のある方
  • 自己血糖測定をしてインシュリンの注射量を決めいている糖尿病患者

使用するビタミンC点滴製剤について

ビタミンC点滴療法ビタミンCはとても不安定な成分でそのまま製品化しても傷みやすく、すぐに変質してしまうのが特徴です。
そのため国産の点滴用ビタミンC製剤には防腐剤が添加されており、使用すると大量の防腐剤も一緒に体内に入ってしまいます。
そこで、当院も所属している点滴療法研究会では防腐剤の添加されていない、マイラン・インスティテューナショナル社(以下「マイラン社:旧バイオニッシュ社)製のビタミンC製剤を推奨しています。
本製剤は、メーカー中で最も塩分(ナトリウム)量が少なく、浮腫や心不全をより起こしにくい製剤です。その為、ビタミンC点滴療法の最先端を行く、カナダのマギル大学やアメリカのカンザス大学等でも使用されています。
ビタミンC製剤は厳重な冷蔵管理が必要な為、マイラン社ではアイルランドの工場から日本の医療機関まで、全て保冷コンテナで空輸しております。

高濃度ビタミンC点滴療法での美容効果

先でもご説明したとおり、ビタミンCは高い美容効果が知られており、高濃度ビタミンCは美容目的とした患者様にも大変ご好評いただいております。
今までより、もっと効果の高い美容治療をご希望の方は是非一度、高濃度ビタミンC点滴をお試しください。

コラーゲンの生成を助ける(しわ・弾力の改善効果)

肌のハリを保つ真皮層のコラーゲン繊維の生成を促進する働きがあります。コラーゲンが増えれば肌にハリが出てしわやたるみが改善されるばかりか、シワのできにくい肌を作り上げます。

老化から身体を守る(活性酸素除去効果)

強力な抗酸化力を持ち、肌にさまざまな害を及ぼす活性酸素を取り込み、消去する働きがあります。この作用により老化を防ぎます。「活性酸素」は、普通の酸素より強い酸化力を持った酸素です。

しみ、そばかすの改善(美白効果)

メラノサイトに直接働きかけ、シミのもとになるチロシナーゼという酵素の合成や活性を抑えることで、メラニン色素の生成を抑制し、メラニンが色素沈着してシミになるのを防ぎます。
また、メラニン色素の還元作用も高く、できてしまったシミや黒ずみを薄くする美白効果もあります。

皮脂分泌抑制、抗炎症作用(にきび改善効果)

皮脂の分泌を抑え、抗炎症作用を効果的に発揮して、ニキビを防いでくれます。
過剰な皮脂分泌で出来たニキビや赤ら顔も、ビタミンCの働きで改善され、毛穴も引き締まります。